スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンマーと弦と芯線の交換 2

2016.10.04
いつもお願いしているヤマハの調律師さんは、かなりの腕前でピアノのオーバーホールを何度かしたこともある方です。
その方に「ピアノの音が悪くて弾くのが楽しくない。音はブチブチ切れるし、ちっとも響かないし・・・・・ピアノの音じゃない」と相談しましたら、ピアノ工房の「JMG株式会社」と「レンナージャパン」というところを紹介してくれました。
レンナージャパンは、ドイツ・ルイスレンナー社の日本総代理店です。詳細は下記のHPにて。

http://www.renner.co.jp/
http://www.jmg-group.co.jp/

素晴らしい音を奏でる【レンナーのハンマー】【レスローの芯線】【ヘラーの巻線】

ピアノに詳しい方なら御存じだと思います。

ヤマハグランドピアノのハンマーはあまりにも小さくて(昔はもっと大きかった)品質悪く音が酷いので、最初、レンナーのハンマーだけ交換しようと思っていましたが、ピアノの音色というのはハンマーだけではなく、弦も重要なんです。
いくら最高級のハンマーを使っても、弦の品質が良くないと良い音はでません。
ハンマー交換だけでも約40万円ほどかかりますので、ハンマーを交換しても音が良くならなかったら何の意味もありません。
悩んだ末、ヤマハの新品グランドピアノをオーバーホールすることにしました。(ハンマー、芯線、巻線、全て交換)
金額的には約80万円ほどかかりました。
高いと思われるでしょうが、スタインウェイのグランドピアノ(約1千万円)に買い換えることを考えたら、全然安いです。

つづく
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。