こういうピアノ教師は嫌われる

2015.05.30
ヤマハ ピアノグレード5級試験の【初見演奏】と【即興演奏】について。

【初見演奏】は、やっぱり慣れだと思うので、日数をかけて譜読みを早くしていくしかないと思います。
20年のブランクがあるので現時点では譜読みがものすごく遅いのですが(若い頃は早かった)、これは独学で何とかなると思います。

【即興演奏a、b】はテーマがあって、それを編曲する、要は作曲のようなものですから、独学でコードを学んでも合格するのは難しいように思います。
即興演奏(作曲や編曲)のノウハウやコツをヤマハのピアノの先生に習うのが一番良いと思うし、習わないと無理だと思います。

ただ、私は過去の経験から、ピアノやエレクトーンの先生に習うのが、ものすごく嫌です。
考えただけで胃がキリキリ痛むぐらい。
習わなければ合格できないなら、ヤマハのピアノグレード試験を受けるのをやめようかと思い始めています。

嫌なことは、たくさんありましたが、一番、嫌だったのは、他の生徒と比較されること

私は17歳で個人宅のピアノの先生に習い始めて、ブルグミュラーが終わって、ソナチネも全然やってないのに、いきなり【ショパンのノクターン Op.9-2】を練習するように言われて、努力しましたが、この当時の私の実力では難しいので、なかなか上達しません。

先生に「この曲、難しいですね」と言ったら、私より同い年か年下ぐらいの子が同じ曲を練習していて、その子に、私の目の前で「この曲、そんなに難しい?」って聞いたんですよ。
その子は「簡単です」って答えてましたよ、私の目の前で笑いながら。

その子が何歳でピアノを始めたのか知りませんが、私は心の中で先生に対して、ものすごく怒ってました。
「ブルグミュラーが終わったばかりの私と比較するな!」と。
嫌な気分でしたよ。


ヤマハ音楽教室で習っていたときは、いい加減な先生で、レッスンが休みの日を言い忘れるし、ヤマハの雇われ教師だからか、個人宅で教えている先生と違い、生徒が多かろうが少なかろうが辞めようが給料は出るので、適当に教えている感じで熱心さが感じられず、グレード試験も受けさせようとしないし、「他の先生に代えてほしい」と受付や事務の人に言ったら、彼らは先生に気を使って「先生を代えるのは、よくない」とか、ああだ、こうだ言って代えてくれそうにないので、ヤマハ教室をやめました。

あぁ・・・・・ブログでグチってしまいました・・・・・読んで、気分を悪くした方、ごめんなさい。


やっぱり、習いに行くのは嫌だな・・・・・・ヤマハのグレード試験以外のものをいろいろ調べてみましたが、【初見演奏】【即興演奏】はヤマハのグレード試験独自のものみたいで、他のものには無いですね。
スポンサーサイト