スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子で教えている先生は、対応が難しいです

2015.05.05
エレクトーンを習っていたときに、親子で先生をしていて、2人でランダムに教えていたので、レッスンに行くまで、どちらの先生に教えてもらうのかわからない状態でした。
だから同じ曲を2人の先生に教わってるようなもので、先生(親子)によって曲の指導の仕方が変わるから、どっちの言うことを聞いて弾いたらいいのか、わからなくなって困ってました。

先生が毎回、代わって、曲の指導の仕方が変わると、迷わない?」って他の生徒仲間に聞くと、

その都度、先生に合わせて弾き方を変えてる」って言うのよね。

私は、そんな器用なことはできないから困っちゃう。
だから「迷わないためには自分で弾き方を確立するしかない」という結論に達しました。

そうなると、自分の弾き方を主張すれば、当然、先生とぶつかるのよね・・・・・・
でも、私は混乱したくなかったから、自分の弾き方を変えないって決めた。

生意気なことを言ってますが、要は私は不器用で頑固なだけです。(>_<)

まあ、この歳でピアニストになれるわけでもないし、音大の教授の言いなりになって気に入られる必要もないし、寿命がくるまで自分の好きなように弾いたほうが楽しいし、迷わずにすむから、私は、やっぱり独学が向いてるんだと思う。

でも、ピアノ仲間でワイワイやるのは、楽しいだろうな~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。